ニキビ跡

ニキビ跡とは

ニキビ跡化膿ニキビ、炎症ニキビで毛穴に傷がついてしまうと、やけどやケガと同様に跡が残ってしまいます。まずは跡が残らないように、化膿ニキビ、炎症ニキビをすこしでも早く治すようにしていきましょう。
それでも残ってしまったニキビ跡は、赤みや色素沈着に対してはライムライトを3〜5回、陥没ニキビに対してはジェネシスを5〜7回行います。

もちろんニキビケアと同時にビタミンCの化粧品をはじめセタフィル、オバジ ゼオ スキンヘルス製品でのホームケア、内服外用治療、生活習慣や食生活の改善も大切です。

ニキビ跡の治療

赤み、色素沈着に有効な治療
ライムライト

ライムライトIPLと呼ばれる治療で、ニキビ跡のメラニン色素に反応し、赤みを徐々に薄くしていきます。
治療法詳しくはこちら

イオン導入

イオン導入微弱な電気の力を利用し、バリアゾーンを抜けて皮膚の深部まで有効成分を浸透させる治療法です。
治療法詳しくはこちら

陥没ニキビ跡に有効な治療
ジェネシス

ジェネシスヤグレーザー(Nd:YAGレーザー)を照射して皮膚下の浅い部分(真皮層の上層部)や毛穴のまわりの組織に熱エネルギーを与え、ニキビ跡を改善します。
治療法詳しくはこちら

イオン導入

イオン導入微弱な電気の力を利用し、バリアゾーンを抜けて皮膚の深部まで有効成分を浸透させる治療法です。ビタミンCを導入します。
治療法詳しくはこちら

ニキビ跡におすすめする化粧品

ニキビやニキビ跡の洗顔、朝用保湿、夜用保湿のシンプルケアです

オバジ ゼオ スキンヘルス製品

オバジ ゼオ スキンヘルス製品日々のホームケアで、美肌専用のオバジ ゼオ スキンヘルス製品を使用することで、徐々にニキビ跡をうすくしていきます。
商品についてはこちら

ビタミンC化粧品

ビタミンC化粧品抗炎症作用のあるビタミンC誘導体を配合した化粧品を使用することで、ニキビ跡を改善します。
商品についてはこちら

セタフィル

セタフィル商品についてはこちら

ドクターMICHIKOのコメント

いけがみ皮膚科院長からのコメント新しいニキビができる間はニキビケア主体に、新生ニキビがなくなったらニキビ跡の治療をしていきましょう

よくあるご質問

ニキビ跡の治療は1回で終わりますか?
患者様の症状・治療方法により必要な治療回数が変わります。ライムライトやジェネシスは繰り返し行うことで薄くなっていきます。
治療期間はどのくらい必要ですか?
患者様の症状によって変わります。約3~4週間おきに数か月の通院が必要な方もいらっしゃいます。当院では出来る限り患者様の症状やご来院可能なペースなどを把握し、よりよい治療法をご提案させて頂いております。

つくば市いけがみ皮膚科医院概要
  • 診療時間
  • 〒305-0044 茨城県つくば市並木4丁目4-2
    並木ショッピングセンター専門店 2F
    ■TX「つくば駅」からバス約10分、「学園並木」下車
    ・常磐道「桜土浦インター」から車で約5分
    ・JR常磐線「荒川沖駅」からバス約10分 アクセス
  • 予約システム
  • 〒305-0044 茨城県つくば市並木4丁目4−2 並木ショッピングセンター専門店 2F
    受付時間:[午前] 8:45~11:45/[午後] 14:45~17:45(※土曜は休診)
    休診日:日・祝・水・土曜午後
    アクセス:■TX「つくば駅」からバス約10分、「学園並木」下車
    ・常磐道「桜土浦インター」から車で約5分・JR常磐線「荒川沖駅」からバス約10分