順番予約・確認システム
当院の治療予約について

お問い合わせは今すぐコチラ 029-869-8222 午 前 8:45〜11:45 午 後 14:45〜17:45(※土曜は休診) 休診日 日・祝・水・土曜午後

つくば市の皮膚・お肌のトラブルはいけがみ皮膚科

いぼ

HOME»  いぼ

いぼとは

いぼは皮膚にできる小さい突起物のことを呼びます。

いろいろな種類がありますが、大きくはウイルス性疣贅(ゆうぜい)と老人性疣贅をいぼと呼ぶことが一般的です。

ウイルス性のいぼ

目に見えない小さな傷からいぼウイルスがはいり、固くイボ状になるもの

  • 尋常性疣贅 手足の末端に出る事が多いいぼ。大人から子供まで見られますが、子供に多いぼです。足底にできると固くなるので魚の目やたこのようになり、石イボともよばれます。
  • 青年性扁平疣贅 直径2〜3mmの小さないぼ。表面は平らで顔にみられることがおおい。男性はひげのところにみられる事が多いいぼです。
  • 伝染性軟属腫 赤ちゃんから子供にみられるイボ。白いものがつまってるように見え、柔らかく光沢があるので水いぼといわれます。
  • 尖形コンジローマ 口腔や陰部の粘膜にできる。固くならず乳頭状、鶏頭状に隆起するいぼ。

その他のイボ

目に見えない小さな傷からいぼウイルスがはいり、固くイボ状になるもの

ウイルスが原因ではないイボ。摩擦などの外的刺激や肌の老化現象として出てきます。
①軟性線維種  首や脇の下、胸や鼠径部などのこすれる所に出来る小さな皮膚の隆起性いぼ
②老人性疣贅  皮膚の老化現象で出来るイボ。茶色から黒いいろで表面がざらざらする平らに隆起します。顔頭皮からだあちこちに出来てきます。

いぼの治療法

1

液体窒素(-200℃あります)をイボにつけてイボの組織を凍結凝固させて少しづつ小さくして行きます。一番ポピュラーな治療法です。約2週間に1度通院して下さい。
冷凍凝固法の後、液体の薬(モノクロロサクサン)を塗ります。イボをかぶれさせてはやく取れるようにする薬です(イボではない場所についてしまうとかぶれることがありますので、バンソウコウはかわくまでつけておいて下さい。)
治療後数日は赤くなり、水ぶくれになることもあります。そのあとカサブタになりはがれて小さくなります。痛みが強い、大きな水ぶくれなど反応が強いときは受診お願い致します。
尋常性疣贅、青年性扁平疣贅、尖形コンジローマ、老人性疣贅や軟性線維種などほとんどのイボに対して行う治療です

2

いぼの周辺に外用薬を塗ることで、周辺の皮膚がむけてきます。
角化したイボを軟らかくしてはやくとれるようにする薬です。毎日イボにつけて下さい(入浴後の寝る前)

3

ヨクイニンとはハトムギの種子で、イボ取りや肌荒れに効果のある内服薬です。
保険適用が可能ですので、医師までご相談ください。

4

水いぼの場合に内容を専用の拙子でとる方法です。麻酔シールを使って痛みのないように行います。

5

尖形コンジローマにつかうイボの塗り薬です。

6

レーザーでイボを削る外科的治療です。ウイルス性イボの場合は治療してウイルスを散らしてしまう可能性があるの使用しません。大きな軟性線維種をとるときに使います。

よくあるご質問

イボの治療後は再発の可能性はありますか?
ウイルス性のイボの場合、取れるまで何度も治療が必要ですし再発する可能性もあります。老人性イボや軟性線維種の場合は比較的少ない回数でとれますが、また年齢とともにでてくることが多くなります。
1回の施術で取れますか?
いぼの種類や大きさによりますが、ほとんどのものは何度か治療が必要です。
すっかり無くなるまで根気よく治療が必要な場合もあります。
治療跡は残りますか?
治療方法、いぼの大きさにより異なります。液体窒素の場合は色素沈着がしばらく残ることがあります。自然に消えていきますが時になる場合には美白剤(保険適応はありません)をお勧めする事もあります。
  • 採用について 当院だからできる医療があります。 看護師募集 医療事務募集
  • 当院に寄せられるよくある質問 詳しくはこちらをクリック
  • いけがみ皮膚科公式LINEアカウント
Page Top